薄磯海岸

<2012年8月15日の薄磯海岸>
e0166919_13493672.jpg


あまり多くのことを語らなくても、ここがどういう場所なのか分かっている人は分かっている。

震災前はこの時期、多くの海水浴客で賑わっていたこの海岸も、この日はとても静かで、ただひたすらに空と海の青が綺麗だった。

お盆休みの最終日、実家から永崎海岸、中之作港、江名港、二見ケ浦、合磯海岸、豊間海岸を抜けて、薄磯海岸まで来てみた。どの地区も津波による被害が甚大だった場所。

実は震災から5か月後の去年の夏、ここを訪れようかと思ったことがあった。
まだ瓦礫処理のトラックが頻繁に行き来していて、通行止めの箇所も多かった時期。

ただ、自分はいわき市出身でも実家に被害があった訳でもなく、身内に犠牲者もいなかった。
しかも震災当時自分は地元にいた訳でもなく、ボランティア活動に来た訳でもない。

薄磯・豊間地区に身内や知り合いが住んでいた訳でもない。じゃあ、何をしに行く?ただの野次馬?
そう思うと、とてもここに来るなんてことは出来なかった。

震災から数か月後、仙台に出張に行った人が宮城の津波被害の大きかった地区に入り込み写メを撮り、
「凄いよ、一面何も無いの。何か人生観変わるね。一度行ってみたら?」と、自慢げにそれを私に見せた。

人生観?部外者がずかずかと被災地に入り込んで見物して騒いで何言ってんの?という彼らに対する違和感や嫌悪感から、私も彼らのようにはなりたくないという気持ちが強くなった。

でも、もし私も今その地へ行ったら地元の人たちに同じことを思われるのではないのか。
そう思うと、ずっと薄磯・豊間地区に来ることは出来なかった。

そう思い悩んだあの日から一年、この日の薄磯の町は、崩れた家の後片付けも済み、白い土台だけが残り、そこに雑草が生え一面緑の広大な敷地が広がるばかり。その奥に岬の上の塩屋埼灯台が見える。

かつてここには沢山の家々が並び、それぞれの暮らしがあった場所。
それを津波により一瞬で大切な家族や日常を奪われてしまった場所。
今もずっと悲しみを抱えて暮らす人がいる場所。

車を降りて、手を合わせる。
変わり果ててもなお、さまざまな想いが今も募るこの町の姿にカメラを向けてシャッターを切ることなんて出来なかった。

お盆休みということもあって、塩屋埼灯台には県外ナンバーの観光客も多かった。
この地に縁がある人達かもしれない、知り合いがいた人達なのかもしれない。

しかし、その足で薄磯地区に入り込み、車を降りてすぐさまカメラを取り出し、町の跡に向けて無神経にシャッターを切り出す。
ずかずかと土台だけになってしまった家に入り込み、ポーズをとって写真を撮る若い人たち。
一体何の記念なんだろう。

被災地を一目見ておこうというのは、あの震災を忘れない、風化させないためには良いことなのかもしれない。

でもその地は、かつてそこで生きて来た人たち、そして生きて行く人たちにとってどんな場所なのか、きちんと考えて行動するべきなのではないかと思う。

ただ、姿を変えてしまっても、薄磯の海と空の澄んだ青は、昔も今も変りなく。

薄磯海岸はそういうところだ。
[PR]
# by hiro--27 | 2012-08-21 15:46 | うちの田舎

東日本大震災・いわき市出身者として思うこと

<2010年7月26日の小名浜港>
e0166919_13325780.jpg

帰省したとき、カメラを片手に小名浜港へ夕涼みに出掛けたのは去年の夏。
あれから一年も経たないうちにこの静かな港町が津波に襲われて姿を変えてしまう日が来るなんて、
誰も考えもしていなかったことでしょう。

震災直後から続く断水、原発の風評被害による物資不足、朝から何時間もスーパーに並んでも手に入る食料品はほんの僅か、残りのガソリンを気にしながら車で給水所へ水を汲みに行く毎日、ガソリンスタンドに並んだところで給油できるかどうかも分らない。

このままでは食料も水も手に入らなくなってしまう・・。

そんないわきの状況を聞き、実家の母と兄夫婦、小学生と幼稚園生の甥っ子と姪っ子を埼玉の私の自宅へ呼び寄せたのは震災から6日目のこと。

途中で2時間ぐらいガソリンスタンドで給油待ちをし、私の実家の家族は地震直後からお風呂にも入れずくたくたになっていた体をひきずるように、夜遅く埼玉に到着した。

計画停電で少々不便な思いもさせたけど、毎日ゆっくりお風呂に入れる、思う存分洗濯ができる、蛇口から出る水で手や顔を洗える、スーパーに並ばなくても食品が手に入る、病院で薬が手に入る・・。

そんな当たり前の日常をとてもありがたく貴重なものだと感動して過ごしてくれた。

私はせめて実家の水道が復旧するまで、福島第一原発の状況が安定するまでうちで過ごして欲しいと思っていたのに、たったの8日間だけ体を休め、母と兄家族は今朝、まだ水の出ないいわきの実家へ帰って行った。

お風呂に入ってゆっくり休ませてもらえたからもう大丈夫。水道もそのうち何とかなるだろう。
物資も前よりは入って来てるだろう。何とかなるよ。

一時的に避難して来ただけで、やっぱり自分達の生活する家、
これから子供達と生きて行く場所はいわきなんだと言って、慌しく帰って行った実家の家族。

今日からまた原発の状況と余震を気にしながら開店前にスーパーに並び、
自宅のお風呂にも入れず、給水所へ通う毎日になるのだろう。

そこまで大変な思いをしながらも、一時他県へ避難して束の間の休息をとったあと、
これからも生きてゆくために、またいわきへ帰って行く人達が他にも沢山いることを、
福島第一原発から200km以上も離れた首都圏で生活している人に知ってもらいたい。

放射能汚染について政府の発表が信じられないというのなら信じなければいい。
放射能汚染が怖いというのなら防護服でも着て地下鉄にでも乗ればいい。

乳児でもないくせに大人が水道水が怖いというのなら飲まなきゃいい。
福島県産の農作物が怖いというのなら触らなくていい。
原発から200km以上離れていても放射能が怖いという外国人は国外へ逃げればいい。

何をどうとらえ、どう判断するのかは個人の自由。

ただ、あれこれ憶測で騒ぎ立てる前に、こうして自分たちの生活や家族を守る為に、
今もあらゆる困難に立ち向かっているいわきの、福島の人達がいることを想像して欲しい。

原発事故の被害を最小限に食い止めるべく命を張って頑張っている原発職員、自衛隊、消防の方がいることも。

福島県にありながら、あの原発で作られていた電気は関東の東京電力管内で消費されていたことを、
計画停電対象外の東京23区内に住み、避難して来た福島やいわきの人達に暴言を吐くような人達は知っているのでしょうか。

はっきり言って、困難に立ち向かう人達は強いし逞しい。

きっと必ず近いうちにもとの、それ以上の町に復興できるはず。

頑張れ!小名浜! 頑張れ!いわき! 頑張れ!福島!!

e0166919_1444615.jpg
バナーはこちらのサイトtetoteonahamaよりお借りしました。
今までの、今の、これからの小名浜を、このサイトを通じて
多くの人に知って頂きたいです。
[PR]
# by hiro--27 | 2011-03-24 15:17 | 小名浜を楽しむ